誰も想像できない商品の開発

JUGEMテーマ:アンチエイジング

 

久々の更新となってしまいました。

幸い、商品のデザイン変更や増産計画など、ありがたいことに忙しくしております。

 

さて、ちょっと思うところありまして、

未だかつてない、世界中のどこにも存在しない洗顔とボディーソープを開発したいと思います。

これは主にヨーロッパ向けです。

乾燥が激しく、ボディーソープや洗顔がやたら強く感じ、

身体中が痒くなる。

そんな地域向けの商品です。

 

何をするんだ?

自分の頭の中には出来上がっているのですが、

それを言葉にするのは難しいですね。

なぜなら、世の中に存在しないからです。

石鹸等の洗浄成分を入れると、

とにかく激しく皮脂を取りすぎる。

 

日本では問題ないのですが、

硬水の地域ではそんな風に感じました。

軟水の地域では、強く作用しない成分(洗浄成分)が

硬水の地域では、非常に強く作用すると言う感じがします。

 

まぁ日本でもそろそろ、体が痒くなってくる季節です。

冬になるととにかく足や背中、腕が痒くなります。

 

ボディークリームを塗ればいいのか?

いえ、それでは十分ではない。

ただの対処療法的なアプローチになってしまうので

ボディーソープの根本から変更する必要があると思いました。

まぁボディークリームを塗っても痒くなるので意味がないのですが。。。

 

オイルベースのボディーソープとオイルベースのフェイスウォッシュ(洗顔)

オイルクレンジングのような感じで、オイルで汚れを落とし

石鹸でないので、肌の皮脂を取ることもない。

むしろ、肌を硬水からも保護し、保湿すると言う代物を作ろうと思いました。

 

ボディーソープは容量が多くなりますので、

ミネラルオイルを中心とした配合で、

フェイスウォッシュは上級グレードの

オリーブオイルやスクワランオイル、アルガンオイルを使用し

さらに両方とも油溶性の保湿成分を追加、エイジングケアとして抗酸化成分を追加

そんな処方を考えています。

 

あとは、テクスチャーの調整がかなり難しそうです。

クレンジングのように粘度が低すぎると

洗うときにちょっと物足りない感があるかもしれないので

ジェルとクレンジングの中間ぐらいの粘度を狙っていきたいと考えています。

 

もちろん、このアイディアと処方内容を製造工場の方に話したところ、

「ちょっと斬新すぎて、全然イメージできません。。。((((;゚Д゚)))))))」

まぁそうなりますよ。

 

だから面白いんですよね。

マネをすることだけはしたくないので

新しい、世の中に存在しない商品を作っていきたいですね。

0

    夜な夜な。

    JUGEMテーマ:アンチエイジング

     

    私、ガチの夜型です。

    むしろ深夜型です。

    昔から、どうも朝は全く話ができないくらい血の巡りが悪いようで

    昼過ぎにならないと全く頭が回らないという人間です。

     

    ということで、結構夜中の頭が冴えている時に

    ホームページを作ったりデザイン案を作ったり

    しているのですが、

    お客様からのお問い合わせがあると

    「うーん、使い方に困っているようだから、すぐに返信した方が良いだろうかな。。。」

    と夜中にすぐに返信すると

    結構驚かれるようで、

    (まぁそれも無理もないのですけど)

    「夜中も仕事されているのですか?」とよく聞かれます。

     

    はい、してます。

    まぁうちは小さな会社ですからねぇ。。。

    家族でやっている程度のものですから

    自分で全部やらないと進まないので

    というか、やはり自分で思ったものを作り、思ったものを形にした方が、

    心のそこから「これは絶対良いですよ」と言えるので

    そういう風に仕事をしているのですが、

    夜中に返信が来ると驚くのは当然ですよね(笑)

     

    ところで、現在、メンズボディーソープが売り切れになってしまいました。

    今、改良版を作っています。

    ボディーソープに海綿末(カイメン末)を入れて、ついに真空乳化製法を採用します。

     

    洗顔に真空入荷製法を採用した時は、ものすごいクリーミーな泡立ちになって感動したので、

    ボディーソープでもかなり期待できそうです。

    ただ、今まで炭を配合していたのですが、

    乳化器の故障を誘発するということで、次回から配合できなくなってしまったのですが、

    それでも、カイメン末配合+真空乳化製法の採用で、

    日本でぶっちぎりのボディーソープになるはずです。

     

    次回から、名称が変わり、ユニセックルモデルとして、

    Imperial The Body Soap インペリアル ザ ボディーソープ

    になります。

     

    ご期待ください。

    0

      REGINA LOCUS MENトータルリバイタライジングフェイスウォッシュ(洗顔)の入荷予定

      JUGEMテーマ:アンチエイジング

       

      またしても、またしても、品切れとなってしまいました。

      REGINA LOCUS MENトータルリバイタライジングフェイスウォッシュ(洗顔)。

       

      10月17日に入荷予定、アマゾン店は18日に入荷予定です。

       

      あと3日ほどお待ちください。

       

      毎度毎度、品切れになってしまい、

      その都度生産量を増やしているのですが、

      いつも売り切れとなってしまいます。

       

      欲しい方にすぐにお届けできるよう

      常に在庫は確保しておこうと思うのですが、追いつきません。

      それでも、少しづつファンになっていただけるお客様がいるということは

      大変嬉しいことです。

       

      それだけ、私のポリシーが受け入れられ、

      セールストークよりも

      使った効果で実証できているのだと思います。

       

      それでは、洗顔、今しばらくお待ちください。

       

      0

        REGINA LOCUS渾身の作品、Imperial Le Parfum香水を発売

        JUGEMテーマ:アンチエイジング

         

        本日、ようやくページが完成しました。

        結構開発に時間を要してしまったのですが、

        ようやく完成です。

         

        Imperial Le Parfum インペリアル ル パルファム

         

        お客様からのご要望で開発がスタートしたのですが、

        REGINA LOCUSといえばこの香りです。

         

        これは香水でも最上位の濃度である、Parfum Extractとなっていますので、

        一滴手首につければ十分という香水です。

        なので、実際何ヶ月で使い終わるかは全くわかりません、

        半年?一年?くらい持つのではないでしょうか?

         

        ただ、容器がいいものがなく、

        アトマイザー(香水専用の小型容器)とアトマイザーに移し替えるためのスポイトは

        どこかでお安いもの、気に入ったデザインのものをご購入して頂ければと思います。

         

        それでは、お待たせいたしました。

        ようやく完成です。

         

         

        0

          最近の傾向は理解しがたい

          JUGEMテーマ:アンチエイジング

           

          久々の更新です。

          9月はなぜかものすごく忙殺されておりまして、

          1日も休みがありませんでした。

          今日こそは一日休もう、と思っても電話で叩き起こされるというという日々で

          結局一日も休みなしという月でしたね。

           

          ですが、これはたくさんのお客様に支持されている証拠だと思います。

          なんとか品切れにならないよう、製造を急ぎ、

          その他、パッケージなどの資材が全部終わってしまいましたので

          そのデザインと校正、発注業務など

          色々と重なってしまいまして

          何とも動きがとれませんでしたが、

          いやー何ともありがたいことだ!と思います。

          ほぼ無名メーカーの商品を30回、40回ずっとリピートして頂いている方ばかりで

          価値を分かって頂けるお客様に出会えたというのは非常に嬉しいことです。

           

          さて、昨日久々にドラッグストアーに行ってきました。

          最近ややけに「ボタニカル」というワードが並んでまして、

          容器のデザインとか色々と「自然派」的な色やデザインを使っていました。

           

          化粧品業界にいますと、自然派とか天然成分とか、防腐剤不使用とか

          そういう類のセースル文句は無視して良いと思います。

          ボタニカルシャンプー、ボタニカル洗顔、美容液etc...

          さて、何が違うんだろうか?と全成分を見てみても

          「うーん、何の変哲も無い普通の商品だなぁ。。。」

          と思い、ちょっとガッカリしましたね。

           

          もし、画期的な新しい処方があれば、ぜひ取り入れたいと思いますが、

          (ただ新しいだけではなく、それが従来より効果がありお客様にとってメリットがあると判断すれば)

          特に今までと何も変わらなかったので、

          うーん⤵

          となりましたね。。。

           

          まぁそんなもんですよ化粧品業界なんて。

          いつのまにかパラベンは悪者ですが、

          0.1%配合で全ての雑菌やカビ類に対し完璧な防腐効果を発揮するのは他にはありませんので、

          パラベンフリーにすると4−7倍の防腐剤(代わりの防腐剤を入れます)ので

          パラベンフリーだから肌に良いとか、悪いとかそんなことは全く無いのですね。

           

          天然成分というのも、全く定義のないジャンルの原料になりますので、

          適当に各社「天然成分使用」と書いてしまえば、

          それで自然派化粧品は完成です。処方内容云々ではありませんね。

           

          まぁ結局、化粧品が売れないんじゃないかと思いますね。

          効果がないからリピートにつながらない。

          だから、一発屋みたいに、大きな話題性(新しいネタ)を作って売るという

          そういうサイクルです。今も昔も。

          一歩引いてそういう目で見てみると、化粧品業界の流れというのは

          ある意味面白いですよ。

           

          意外とワンパターンです。

           

           

          お知らせです。

          REGINA LOCUSでいつも使っている香料を改良し、

          香水が完成しました。

          かなり時間がかかりましたが、近日発売です。

          これは香料25%を配合した最上位のランクになる

          パルファム(P)

          (それよりも薄いものをEDPオーデパルファム、EDTオーデトワレなど)

          となりますので、1滴も使わなくても良いという香水ですが、

          30ml入っていますので人によっては半年以上持ってしまうかもしれません。

           

          香りを楽しむのも一興です。

          やはり、最近臭い人が多いので体臭のケアはしっかりとしたいところですね。

          0