石油系って何?天然成分って何?

JUGEMテーマ:アンチエイジング

 

化粧品業界では、よく自然派化粧品とか、天然成分とか色々言われています。

先日のブログで、100%オーガニック美容液は断念したと書きましたが

まぁ植物系エキスを使うと結構かゆみや赤み、発疹が出るというのは

当たり前のことですので、そこは「オーガニック=安心」という短絡的な答えではない

ということだけまず、お伝えしたいと思います。

 

先日、とある原料メーカの担当者と研究者と打合せをしていたのですが、

その中で、研究者からすると

「石油や石炭は究極の天然成分である」と言っていました。

 

言われてハッとしましたが(アンチオーガニックの私でも気づかなかった大前提)

石油系=悪

というイメージがつきやすいのですが、

そもそも石油や石炭は100%天然に存在するものです。

そして、精製という過程を経て商品になるのです。

 

前提条件が大きく変わることになりますね。

天然成分って一体なんだ?

実際のところ、線引きは不可能です。

 

結局、防腐剤をきっちり配合して

安定した精製成分を使用して

変質のないよう、そして雑菌まみれにならない商品を作ることが

まず一番大切だと思いますね。

 

不思議なことに、セールストークやネットのアフェリエイトでは

パラベンは思いっきり悪者になっていますが、

研究者や開発に関わる人間からすると

パラベンほど安全で、少量で最大の防腐効果を発揮する原料はない!

というのが共通意見です。

 

ここは一つ発想の転換をして

100%安定した合成成分、混じりっけなし、ピュアな美容液などを作ってみたら面白いかと思います。

アレルギー対策としては最高かもしれません。

100%オーガニックとは対極をなす商品。

100%合成成分のみで作った商品。

試してみる価値はありますね。

 

アレルギーや肌の弱い方に使えるかもしれません。

下手なパラベンフリーや植物性エキスは逆にリスクが高いので。

 

ちょっと試してみたいと思います。

 

「石油や石炭は究極の天然成分である」

まさにその通りだと、我ながら驚きました。

植物等の有機物が長い年月地中に埋まり、高圧の状態で変化したもの

石油、石炭。

「石油や石炭は究極の天然成分である」

その通りです。

0