マーケティング論や戦略論が行き過ぎた結果

最近よく思う事があります。
日本は不景気、デフレと言われ続けています。
その中で競争は激しくなり
そして、価格競争へと突入し
企業は消耗戦を強いられています。

そこで、現在様々なコンサルタントが
様々なマーケティング論や戦略論を展開し、
「売れる商品」
「最も売れる価格帯」
「売れる販売戦略・手法」

を追い求め
結果、それぞれの企業が
同じ価格、同じような商品、同じような販売手法を展開し
各企業の独自性(オリジナリティ)・商品の独自性が無くなって来た様に思えます。

ネットで商品を検索すれば
雑貨や服、何でも良いのですが
どうしても似通ったような商品が多くヒットします。
一風違った物を探すのに苦労する時代になったのかな、
なんて思っていますね。

こんな時代だからこそ、
マーケティング論は無視して
「自分たちの欲しいもの」
「原価やビジネスとして成立するかは考えない」
「売れるか売れないかは気にしない」
「最高の物」

をまず追い求め
そして世に出してみてから
欲しいと思って頂ける方を探す
というウチのようなやり方も
あっていいのではないか?
と思っています。

あくまで、異端児的な会社
日本一小さな化粧品会社かも知れませんが、
最高の物だけを追い求めていきたいと思っています。

0