最近の傾向は理解しがたい

JUGEMテーマ:アンチエイジング

 

久々の更新です。

9月はなぜかものすごく忙殺されておりまして、

1日も休みがありませんでした。

今日こそは一日休もう、と思っても電話で叩き起こされるというという日々で

結局一日も休みなしという月でしたね。

 

ですが、これはたくさんのお客様に支持されている証拠だと思います。

なんとか品切れにならないよう、製造を急ぎ、

その他、パッケージなどの資材が全部終わってしまいましたので

そのデザインと校正、発注業務など

色々と重なってしまいまして

何とも動きがとれませんでしたが、

いやー何ともありがたいことだ!と思います。

ほぼ無名メーカーの商品を30回、40回ずっとリピートして頂いている方ばかりで

価値を分かって頂けるお客様に出会えたというのは非常に嬉しいことです。

 

さて、昨日久々にドラッグストアーに行ってきました。

最近ややけに「ボタニカル」というワードが並んでまして、

容器のデザインとか色々と「自然派」的な色やデザインを使っていました。

 

化粧品業界にいますと、自然派とか天然成分とか、防腐剤不使用とか

そういう類のセースル文句は無視して良いと思います。

ボタニカルシャンプー、ボタニカル洗顔、美容液etc...

さて、何が違うんだろうか?と全成分を見てみても

「うーん、何の変哲も無い普通の商品だなぁ。。。」

と思い、ちょっとガッカリしましたね。

 

もし、画期的な新しい処方があれば、ぜひ取り入れたいと思いますが、

(ただ新しいだけではなく、それが従来より効果がありお客様にとってメリットがあると判断すれば)

特に今までと何も変わらなかったので、

うーん⤵

となりましたね。。。

 

まぁそんなもんですよ化粧品業界なんて。

いつのまにかパラベンは悪者ですが、

0.1%配合で全ての雑菌やカビ類に対し完璧な防腐効果を発揮するのは他にはありませんので、

パラベンフリーにすると4−7倍の防腐剤(代わりの防腐剤を入れます)ので

パラベンフリーだから肌に良いとか、悪いとかそんなことは全く無いのですね。

 

天然成分というのも、全く定義のないジャンルの原料になりますので、

適当に各社「天然成分使用」と書いてしまえば、

それで自然派化粧品は完成です。処方内容云々ではありませんね。

 

まぁ結局、化粧品が売れないんじゃないかと思いますね。

効果がないからリピートにつながらない。

だから、一発屋みたいに、大きな話題性(新しいネタ)を作って売るという

そういうサイクルです。今も昔も。

一歩引いてそういう目で見てみると、化粧品業界の流れというのは

ある意味面白いですよ。

 

意外とワンパターンです。

 

 

お知らせです。

REGINA LOCUSでいつも使っている香料を改良し、

香水が完成しました。

かなり時間がかかりましたが、近日発売です。

これは香料25%を配合した最上位のランクになる

パルファム(P)

(それよりも薄いものをEDPオーデパルファム、EDTオーデトワレなど)

となりますので、1滴も使わなくても良いという香水ですが、

30ml入っていますので人によっては半年以上持ってしまうかもしれません。

 

香りを楽しむのも一興です。

やはり、最近臭い人が多いので体臭のケアはしっかりとしたいところですね。

0