日焼けしないという意外な結果

昨年にも同じような事を書いた記憶が有るのですが、
先日またまたお客様より
「エルジェベートを使っていると日焼けしませんでしたよ」
というご連絡を頂きました。

エイジングケアとしては
非常に良い事ですね。

先日書いた「老化の原因は?」のブログでも
老化の原因は紫外線だということを書きました。
考えてみますと、
紫外線により、表皮内に活性酸素が生成されます。
その活性酸素が色々と悪さをするようで、
それが、日焼けという現象を引き起こすのだとすれば、
エルジェベートシリーズは活性酸素を抑制するフラーレンなどの
抗酸化成分をこれでもか!という程配合していますので、
そういった抗酸化の結果なのかなと思います。

「日焼けしない」
っていうのは開発時には考えていなかった想定外の嬉しい効果でした(笑)
エイジングケアとしては、
素晴らしい結果ですね。

紫外線対策、
外側からは日焼け止めなどで「防ぐ」
内側からは抗酸化成分で「抑える」
が新しいアプローチになりますね。
0

    新たなコンセプト

    REGINA LOCUSの新たなコンセプト
    「化粧品難民で作る究極のエイジングケア」

    お肌が非常に弱く、何を使っても発疹やかぶれが出てしまい、
    ご自分に合った化粧品が見つからない人

    「化粧品難民」

    と定義しました。

    多くのお客様のご意見を伺っていますと、
    今まで、お肌に合わない物ばかりで、
    普通に使えるものすら見つからない
    という方が意外にも多かったのです。

    ならば、REGINA LOCUSでは
    そういった化粧品難民の方の為の商品作りを
    目指していこうと思います。
    0

      老化の原因は?

      最近の研究で、シワ、たるみ、しみなどの老化の原因は
      紫外線だという結論にたどり着いています。

      紫外線により表皮内で発生する活性酸素が
      ・細胞機能の低下
      ・細胞老化
      ・DNA損傷
      ・コラーゲン生成量の低下
      ・コラーゲン分解酵素の増加
      ・異常タンパク質の増加
      ・ビタミンCの参加
      ・ビタミンA受容体の不活性化
      を引き起こします。

      とりわけ
      紫外線によって発生した活性酸素が
      コラーゲンの分解酵素を活性化させる事で
      シワを引き起こすというメカニズムも解明されています。

      先日、化粧品分類の件でも書きましたが、
      化粧品は日進月歩。
      しかし、気象庁の発表によると
      紫外線量は1990年代から徐々に増加しています。
      皆さんはUVケアは10年、20年前と同じでしょうか?
      日焼け止めを塗るなどでしょうか?

      最近では、日焼け止めはもちろん
      「活性酸素の抑制」という内側からの
      紫外線対策=老化対策
      というのも有効な方法です。

      フラーレンには優れた活性酸素の抑制効果=抗酸化作用があり、
      エイジングケアを選ぶ際には、
      抗酸化成分が配合されている事
      を念頭に選んでみて下さい。

      化粧品も大きく進化しています。

      今後、
      「抗老化対策をしっかりやっている人」

      「保湿ケアしかやっていない人」

      との2極化が進むのではないかと思います。
      0

        紫外線の影響は右と左で違うんです!

        本日、一人のお客様より
        髪型が常に右を出している形なので
        右の方がシワがひどいというお話をしていました。

        そうなんです。
        車などを乗っていますと、
        どうしても右側からの直射日光が多くあたります。
        つまり紫外線も多くあたる訳ですね。

        なので、タクシーやトラック運転手の方は
        右側により大きなたるみやシミ、ソバカス、シワができる傾向にあります。

        日常のちょっとした事で
        左右の顔のシワややるみ、シミなどが変わってくる訳なんですね〜。

        そこでこんなコメントも頂き巻いた。

        コメント抜粋ーーーーーーーーーーーー
        クリーム、使い始めて一週間たちました。
        なんとなんとーー右目下に重なっていた皺が、半分程度に減ったのです!
        実は・・・2年ほど前に、
        突然(徐々に・・・だったので気づかなかったのです・・・)、右の目の下に、皺が重なっていることを発見しました。
        わたしは目の周囲の皺がないことだけが、自己満足の一つでしたのに・・・(>_<)
        しかも、右側だけなんです。
        左が0とすると右が5! 大げさではなくこのくらいの激しい差がありました。
        理由はすぐに思いつきました。
        カチューシャや髪留めが好きなのですが、いつも留めるのは右側、カチューシャの場合は右側の耳を出していました。
        そのため、窓ガラスを通り抜けた紫外線が、右側の目の下から頬のあたりに直接当たっていたのですね・・・
        紫外線のおそろしさに身震いしました。
        その後、右側だけ、化粧水、クリームを2倍、3倍とつけていましたが
        あまり効果は見られませんでした。
        それが・・・! REGINA LOCUSクリームをたった1週間使っただけで、半分程度に薄くなったのです。
        何度にも分けて、執拗になじませているので、それも奏功の要因かもしれません。
        おっしゃるとおり、使う量って大切ですね、
        みなさんケチケチ使っているようなので、効かないものがさらに効かないという悪循環になっているのですね。
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        紫外線の影響により、左右でシワやたるみが違うというのは
        恐ろしい事です。
        例えば、何かで顔を半分かくして鏡を見て下さい。
        その人の生活環境によって、右のたるみやシワがひどかったり、
        左がひどかったりするのが、よくわかります。

        それから、使用量も重要なんです。
        どんなに有効成分を高濃度で配合しても
        微量の使用ですと十分な効果を発揮できません。

        なので、REGINA LOCUSでは標準使用量という物を設定しています。
        商品が届く際には、同封の説明書に記載してありますので、
        是非、一度目を通してみて下さい。

        エルジェベートトータルリバイタライジングクリーム、
        効果は抜群の様ですね〜^^
        大胆にリニューアルしたかいがありました〜。
        0

          エルジェベートトータルリバイタライジングセラムが更にパワーアップします!

          昨年12月にフルモデルチェンジをしたエルジェベートトータルリバイタライジングセラムですが、
          4月15日(予定)にもう一度リニューアルし
          パワーアップします。

          現在フラーレン1%に加え、これだけの成分が入っております。

          水、グリセリン、ローズ水、BG、ペンチレングリコール、フラーレン、PVP、褐藻エキス、アセチルヘキサペプチド-8、プラセンタエキス、リンゴ果実細胞培養エキス、キサンタンガム、レシチン、ポリクオタニウム-51、アラントイン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、リゾレシチン、EDTA-2Na、アロエベラ葉エキス、オウゴンエキス、ユビキノン、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコスビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ピーナッツ油、パンテノール、水添レシチン、ソルビトール、スクワラン、フェノキシエタノール

          更に
          フラーレンとの相乗効果を発揮し、
          強力にエイジングケア効果は発揮するように

          新型ビタミンC誘導体(APPS)

          アスタキサンチン

          を追加します!


          REGINA LOCUSはリニューアルの速度が早いです!
          常に、最高の商品でなければならない。
          効かないものは絶対に作らないというポリシーです。

          本日より、
          4月15日(予定)から販売開始する
          新エルジェベートトータルリバイタライジングセラムの予約受付を開始致します。

          予約でお待たせする事になる為、
          定価8,400円
          7,000円にてご予約特別価格とさせて頂きます。
          0